Latest issueソワニエ最新号

大人が愛する店 黒木啓司 × La Maison de la Nature Goh

|連載|

大人が愛する店

上質な食材に美しい自然、そして才気ある人材に恵まれた九州。
そんな魅力あふれる地に、今、多方面から熱い視線が注がれている。
新たなムーブメントを、九州から世界に発信。
故郷を愛する二人が描く青写真は、私たちをワクワクさせてくれる。

取材・文/岩﨑洋明 撮影/武井メグミ

|第十二回|

黒木啓司 × La Maison de la Nature Goh

ジャンルの垣根を越えて、新たなカルチャーが生まれる。
九州には、そのポテンシャルが十分に秘められていると思います。

九州人の郷土愛は人一倍だ。魅力を語るその口調からは、風土や文化に対する誇り、情熱がひしひしと伝わってくる。EXILEのパフォーマーとして活躍する黒木啓司さんも、九州を愛して止まない一人。地元の宮崎を離れた今もなお、その想いは変わらない。「新しいカルチャーを生み出すポテンシャルが、十分に秘められていると思います。面白い人材が多く、EXILE TRIBEにも九州出身のメンバーがたくさんいます。特に、福岡には今後、天神ビッグバンで世界中から企業や人が集まってくるはず。今からとても楽しみです」。
そしてもう一人、この地に魅せられた人物がいる。生まれも育ちも福岡で、フレンチの名店『La Maison de la Nature Goh』のオーナーシェフ、福山剛さんだ。「関東や関西にも素晴らしいレストランはたくさんありますが、生産農家や器などの職人と直接関わるには、少し街の規模が大きすぎるんです。しかし街がコンパクトにまとまった九州では、食に関するいろいろなものと密接に繋がることができます。海外のシェフもその魅力に注目していて、最近は会話の中で『九州』『福岡』というワードが自然と飛び交うようになりました」。九州の底力を感じ、新たな可能性を見出す黒木さんと福山さん。地元愛や将来のビジョンなど、あふれんばかりの想いを巡らせていく。

「食を通じて、多くの人の生活を豊かにしたい」と話す福山さん。常に料理と真摯に向き合い、人々に深い感動をもたらす。
料理は8800円のコース一例。写真はアワビの肝とほうれん草のリゾットに、蒸しアワビと大分産の肉厚椎茸、焦がしバターと椎茸のソースを添えた一品。

続きは本誌で

ソワニエ+ vol.60 2020年3・4月号より